ペディキュアを長持ちさせるには

ペディキュアを長持ちさせるには

ペディキュアとは、足にするジェルネイルのことですが、こちらも手と同様長持ちさせるためにできるケアがあります。足にまで気を使うことで、自信にもつながりますし、おしゃれも楽しむことができます。

 

 

 

 まず、ジェルをつける前の基本のお手入れについて。爪の形や長さを整えるのはあたりまえのことになりますが、爪の表面をバッフィングすると、最後のジェルを塗った際に仕上がりがつるっとしてきれいになります。使用するバッファーですが、ブロックタイプのバッファーが足にはやりやすいです。

 

 

 

 次は、甘皮の処理になります。足の爪は古い角質で固くなってしまっているので、ケアをする前にお湯につけて柔らかくしておく必要があります。まずは、甘皮の周りにキューティクルオイルを塗ります。しっかりと指でなじませるようにして、数分時間を置きます。そして、ネイルプッシャーで甘皮周りを押し上げます。爪の表面の古い角質も取り除くイメージで行いましょう。そのあとは、出てきた甘皮や角質をニッパーで取り除きます。仕上げに湿らせたガーゼで甘皮周りを拭き取ります。

 

 

 

 爪のケアだけでなく、足裏のケアも一緒に行うのもおすすめです。お風呂に入っているときにでもバッファーで削り、スクラブジェルなどをするとツルツルになります。時間のあるときに丁寧に行うのもポイントです。

 

 

 

 ペディキュアを長持ちさせるためには、ちょっとしたひと手間が大切なのです。するのとしないのとでは、長持ちする期間が変わってきます。せっかくしたペディキュアを少しでも長持ちするように、最初のケアを慎重に行うようにしましょう。