利き手をきれいに塗るコツ

利き手をきれいに塗るコツ

セルフネイルをする際、利き手にジェルを塗るのは至難の技です。でも、せっかくなら両方の手をきれいにできるぐらいマスターしたいと思う人も多いはずです。そこで、いろんな作戦で少しずつ利き手にするのに慣れていきましょう。

 

 

 

 まずは、ただでさえ筆を持つ手が震えて、思い通りに動かないはずです。そこで、利き手を台にしっかりと置くか、何かを握る感じで手を丸めた状態にします。個人的には、握る感じにしておいた方が距離が近くなるのでしやすいように思います。

 

 

 

 そして、いよいよクリアジェルから塗っていくわけですが、爪の真ん中をまず塗り、それからサイドを丁寧に塗っていきます。はみだしたりした時にすぐに拭き取れるように、キッチンペーパーを用意しておくと安心です。ベースのクリアジェルを終えたら、アートになります。ラメを散らしたり、ストーンを置くのは比較的簡単にできます。フレンチネイルや3Dアート、ヒョウ柄などの手でしっかりと描いていくものがなかなか難易度が高いです。事前に、紙にでも練習しておくのもいいかもしれません。とにかく、震えないようにしっかりと固定することが一番大切になってきます。 

 

 

 

 上手にできたら、その都度ライトに入れて固まらせた方が、一つ一つ着実にできるような気もします。固まっているので心配する必要もありませんし、安心して次のアートに集中することができます。

 

 

 

 利き手のジェルは、利き手じゃない方に比べると倍以上の時間を要するかもしれません。体全体に力が入って肩も凝ってしまう場合があります。一気にせずに少しずつ上達していこうという気持ちでいると、落ち着いて取り組むことができるのでいいと思います。