ネイリスト必須検定試験とは?

ネイリスト必須検定試験とは?

ネイリストになるために必ずとらなければいけない資格というのはありませんが、受けておくと有利とされる検定試験があります。

 

 

 

1つは、「ネイリスト技能検定試験」。ネイリスト技能検定試験は、NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が行ってきた検定試験を、協会の事業の中から独立させ1つの団体にしたもので、日本で一番最初にできたネイリスト協会が産んだ検定試験です。

 

 

 

1級を最高級としていて、1級、2級、3級の3段階に分かれています。3級はネイリストとしてのベーシックなレベル、1級はトップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な知識を習得することができます。

 

 

 

もう1つの検定試験は、「ネイルスペシャリスト技能検定試験」というものがあります。こちらはNPI法人インターナショナルネイルアソシエーション(INA)が管理運営する検定試験で、AAAを最高級とする、AAA、AA、PAの3段階があります。INAにはもう1つ「ジェルネイル技能検定試験」が別に存在します。